March 8, 2019

今回も、前回に引き続き、パーカッション・スタイルの練習法を解説していきます。 前回は、スタビライザーを、ベースのボディーに当てることを練習しました。その当て方を、文章化するのはとても難しいのですが、幾つかのイメージを提示いたしますので、ここから正しい感覚を作っていきましょう。

March 22, 2018

清水玲による斬新な切り口の本格的ベースレッスン開講!

December 3, 2016

清水玲のスラップテクニックのご紹介です。他では、出会うことのできない斬新な分析と切り口です。

November 27, 2016

スラップのフォーム#2

パーカッション・スタイルのフォームの作り方。

私が考案したスラッピング・フォームの作り方を、手順に沿って解説していきたいと思います。

ここまでは、前回ご紹介したパーカッション・スタイル、フラットピック・スタイル共に共通のテクニックです。

1 椅子などに座って両方の腕を完全に脱力し、下に垂らします。

その時、一度、思い切り力を入れてみましょう。歯ぎしりするくらい!

そこから、ストンと完全に力を抜くようにします。

これは、一度、極端に力を入れることで、ストンと脱力したこととの落差を、ドラスティック(やり方が抜本的で、思い切った...

November 22, 2016

ベースの技術と機材の考察をテーマにブログを綴っていこうと思います。

まずは一つ目の単元は、スラッピングです。

まず、スラッピング・テクニックをスムーズに行うために必要な考え方、テクニックを長期連載でご紹介したいと思います。

現存するスラップ・テクニックを正しく見極めるため、三種類のスタイルに分類、定義します。

それは以下の三つに分類されます。

1 パーカッション・スタイル

  親指が弦に当たった後、すぐに元の位置に戻す。

  例 ルイス・ジョンソン、マーカス・ミラーなど。

2 フラットピック・スタイル

  親指が弦に当たった後、下方にある高い弦に向か...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square