第二回 スラッピング・フォームの作り方。

November 27, 2016

スラップのフォーム#2

パーカッション・スタイルのフォームの作り方。

 

私が考案したスラッピング・フォームの作り方を、手順に沿って解説していきたいと思います。

ここまでは、前回ご紹介したパーカッション・スタイル、フラットピック・スタイル共に共通のテクニックです。

 

1 椅子などに座って両方の腕を完全に脱力し、下に垂らします。

その時、一度、思い切り力を入れてみましょう。歯ぎしりするくらい!

そこから、ストンと完全に力を抜くようにします。

これは、一度、極端に力を入れることで、ストンと脱力したこととの落差を、ドラスティック(やり方が抜本的で、思い切ったものであるさまという意味。)に体験できる良い方法です。

私のメソッドでは、当初から脱力を提唱してきました。今回ご紹介するこの練習方法は、私が最近になって、モーター・ジャーナリストの柏秀樹氏のインストラクションに影響を受け取り入れているものです。

車やバイクの運転だけでなく、楽器の演奏にも非常に有効なので是非、お試しください!

 

 そのあと小指を三関節から手のひら側に折り曲げます。

この時、前記の方法で脱力が完了していれば、自然と手はこれに近い形になはずです。

どうしてもならない方は、二関節の巻き込み、脱力出来ていない等を見直してみましょう。

(写真1)

 

 

このように小指につられて薬指が自然な形で内側に曲がります。

その角度に合わせて中指を薬指に沿わせます。

これができない方も二関節の巻き込み、力が入っているなどが、失敗のケースとしては多いようです。

注意深く見直してみましょう!

(写真2)

 

 

 

人差し指はプル(プラッキング)の演奏を予想してさらに深く折り曲げます。

親指はしっかりと立ておくようにしましょう。

(写真3)

 

 

このフォームを作る際、最低限の、フォームを制御するための力だけで、フォームの形成を行ってください。

どうしても上記の方法でフォームが形成できない方は、とりあえず写真の手の形を優先して形態模写してみましょう!

しかし、それでは、私の意図したフォームの内的なイメージが完了していない可能性があります。

その部分は、究極のところ直接のインストラクションでなければ修正できないので、是非、レッスンの受講をお勧めします!!

 

http://www.shimizurei.com/lesson

 

 これで手の形は完成しました。

この時、このフォームの中で薬指と中指が大きな役割を担います。

言い過ぎではないと思いますが、サムピングのための親指、プラッキングのための人差し指よりも大切かもしれません。

私のメソッドには「スタビライザー」というテクニックがあります。

この中指と薬指の二指は、「スタビライザー」を行う重要な役割を担っています。

スタビライザー【stabilizer】は、英語で「安定させる装置」「安定剤」などの意味があります。

後ほど使用法及びテクニックについては詳しく説明しますが、私のメソッドでのスラッピングを安定させる、非常に重要なテクニックを示します!

 

次回は、今回作ったフォームを使い、どのようにベースを構え、演奏するのかを解説していきます。

お楽しみに!!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Clean
  • YouTube Clean
  • Twitter Clean

© 2016 by REI SHIMIZU. Proudly created with Wix.com